インターフェイスデザイナーのお仕事

職業の魅力

小さな子どもからお年寄りまで、今やゲームは幅広い層が楽しめるエンターテイメントとして、
定着しつつあります。
そこで、これから活躍するのが私たちインターフェイスデザイナーなのです!
私たちは、あらゆるユーザー層とゲームを繋ぐ「機能」をデザインしています。

例えば一つのゲーム内に、

  • お年寄り用にフォントが大きくなる
  • ヘビーユーザー用に説明の少ないデザイン画面が現れる
  • ライトユーザー用に多くのヘルプメニューを付ける

そんないくつもの機能が盛り込まれれば、世代を問わず楽しむことができます。
いかに使いやすさを追求し、ユーザーに満足できる機能を盛り込むか?
まさに、今後注目を集める分野。
絵を描くだけじゃない、こんなところにもデザイナーの仕事はあるのです。

快適なインタラクティビティを実現する、新しいデザインの発想が求められています。

仕事の内容

ゲームの進行や説明をプレイヤーに促す、メニュー画面を中心としたインターフェイスのデザイン業務です。
ユーザーとゲームをつなぐ、重要なデザインです。
また仕様作成など、プロジェクトの準備段階から関わることもあります。

【具体的には】
オープニング・タイトル・メニュー・フォント・アイコン・エンディングなどのデザインに携わって頂きます。
現在「ゲームは子供のもの」という発想から「ゲームはあらゆる世代のもの」と言わざるをえないほど
様々なターゲットに向けたソフトが世の中に溢れています。
ターゲットが変われば、使い方や考え方・操作方法なども変えていく必要性があります。
「そのソフトのユーザーが一番快適にゲームで遊ぶためには、どうすれば良いか?」
という疑問を解決していくことがアナタの役割です!

ページ上部へ戻る